軽度のパニック障害 歯医者さんに行ったお話し

パニック障害

パニック障害 突然の歯医者さんデビューレポート

こんにちはMOFUです。
私は27歳3児の母です。
軽度のパニック障害と闘っています。

今回はパニック障害の私が歯医者さんに行った時の体験談をお話しします。

↓パニック障害についての最初の記事

軽度のパニック障害 歯医者さんに行ったお話し

パニック障害と歯医者さん

パニック障害者にとって怖い場所の大定番の歯医者さん。

もちろん私も歯医者さんに行くことを想像しただけで怖くて無理でした💦

しかし、どうしても歯医者さんへ行かなくてはいけなくなってしまったのです…

子ども達と一緒にグミを食べていました。

ハリボーのクマの形のグミです🐻

楽しくおいしく食べていたのですが、奥の銀歯がぽろっと取れてしまったのです。

その瞬間絶望しました。

「これは絶対に歯医者さんに行かないとダメなやつだ…」
「歯医者さんだけは絶対に無理なのに😭」

色々なことを考えました💦

しばらく考えましたが、勇気を出していつも行っていた歯医者さんに電話することに。

次の日の朝9時半に予約が取れました。

予約時にパニック障害であることを伝えました。

「実は、今パニック障害の治療中で、もしかしたら途中で気分が悪くなってしまうかもしれません…。それでも対応していただけるでしょうか😢」

こんな感じです。

すると、この歯医者さんには今までもパニック障害の患者さんが来たことがあるとのことでした。
「大丈夫なので心配しないで来てください。」
と言っていただけました。

その日の夜は全く寝られませんでした。

「パニック障害 歯医者」「パニック障害 歯医者 対策」など、色々検索しました。

寝ようとしても歯医者さんの事を考えてしまって怖くて眠れません😢

歯医者さんに行く

何も食べたくありませんでしたが毎朝のお薬を飲まなければいけないので頑張って朝ごはんに小さなヨーグルト1カップを食べました。

出発の30分前に頓服薬(ロラゼパム1mg)を飲みました。

そしてものすごく寝不足のまま歯医者さんに行きました。
やっぱり「無理、やめよう」と何度も思いましたが何とか勇気を出して歯医者さんに入りました。

待ち時間に色々考えて更に辛くなってしまいそうだと思ったので時間の1分前に病院に入りました。

しかし、突然の予約で入れてもらったからか10分後に診察室に呼ばれました💦
入れてもらえただけで感謝なので仕方がありません。

待っている間はとても怖かったけど、頓服薬のおかげか落ち着くことができました。

診察室へ

椅子に座りエプロンをかけてもらいます。

エプロンをかけてもらった瞬間「これやだ😭」と思いました。

でも我慢です。

ここまでで特にパニック障害であることに触れられなかったので、取れた銀歯を渡すときに歯科衛生士さんに

「予約の電話でも伝えたのですが、パニック障害を治療中でもしかしたら気分悪くなってしまうかもしれないです」

と伝えました。

すると歯科衛生士さんは優しく対応してくれました。

椅子をあまり倒さずに治療をしてくれました。

「空気をかけます」「ちょっと大きな音が出ます」など治療中の声かけがいつもより多く、細かく言ってくれているように感じました😭

歯科衛生士さんの対応と頓服薬のおかげで治療中に気分が悪くなることはなかったです。

そして、幸いにも虫歯や銀歯の破損がなかったので銀歯を取り付けるだけで終わりました。

治療時間は約20分でした。

無事に歯の治療を終えることが出来て本当にホッとしました。

そして頓服薬の副作用の眠気がきて家に帰って眠りました。

もうしばらく歯医者さんは行きたくありません💦

日々の歯磨きを頑張ろうと心に誓いました。

歯の負担になるものは食べません🙅‍♀️

最後に

パニック障害後最初の歯医者さん受診を果たした私からアドバイスを4つ提案してみます。

・事前に歯医者さんにパニック障害である事を伝えておく。

 
 その方が歯医者さんも自分自身も安心して治療を受けられるし対応してもらえると思います。

・頓服薬を飲む。

頓服薬は絶対に飲んでおくべきです。
または、いつでも飲めるようにカバンに入れておきましょう。
お守りになります。

・心配であれば精神科の主治医に相談してみる。

どうしても不安で可能であれば事前に主治医に相談して話を聞いてもらうといいと思います。
主治医からの言葉なら何か安心できることがあるかもしれません。

・イヤホンで音楽を聴いて気を紛らわせる。

今回私は実行していませんが、そのように治療している方もいるみたいです。もちろん歯医者さんにイヤホンをしてもいいか許可を取る必要があります。音楽を聴いて気を紛らわせることが出来たら少し長い治療でも耐えることが出来るのではないかと思いました。

以上がパニック障害の私の突然の歯医者さんデビューのお話です。

今回は治療時間が短かったので何とか耐えることが出来ましたがもう時間が掛かってしまったり歯形をとらなければいけなかったりしたらと考えるととっても怖いです😢

ですが、私のようにどうしても早く歯医者さんに行かなくてはいけないパニック障害の方がいると思います。そんな方々を少しでも勇気づけることが出来たらなと思っています。

もしもパニック発作が起きてしまっても大丈夫です。
歯医者さんの方々はきっと助けてくれます。
でも怖いと思う気持ちはとてもよくわかります。
とにかくやってみるしかないです。
心から応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
良い1日を♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました